山羊革製品(シャンティニケタン)
  
※写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。

■シャンティニケタンのはじまりは日本から
インドの独立に向けて激動の時代を生きたダゴール(19世紀から20世紀にかけて活躍したインドの詩人)は、平和を願い、農村の開発にも力を注ぎました。
ダゴールが日本で出会った革工芸を自国に持ち帰り、農閑期の手仕事として広めたのが「シャンティニケタン(山羊革工芸)」の始まりです。

■「平和郷」で生まれた手仕事
「シャンティニケタン」とは、もともとサンスクリット語で「平和郷」を意味する言葉です。
今から100年ほど前、その地で始められた山羊革工芸を「シャンティニケタン」と呼ぶようになりました。現代では、バングラディッシュからの難民が多い西ベンガル地方でのかけがいのない仕事となっています。今なお、平和を願う人々によって受け継がれています。

■みんなに優しい方法で作る「シャンティニケタン(山羊革工芸)
 「動物の皮は、「なめし」という加工を経て、「革」になります。「シャンティニケタン」に使われる山羊革は、動物性のタンニンでなめされます。重金属を含むクロムなめしに比べて手間も時間もかかりますが、作る人へも地球へもやさしい方法を選んでいます。
金属版を押し当てると、山羊革の表面にデザインが浮かび上がります。その上に、丸めた小さな布を筆代わりに使い、手で色を塗ります。細かい部分をきれいに仕上げるのはとても根気の要る作業です。
色を塗り終わった後は、重たいローラで革に圧力をかけます。こうすることで、革が持つ天然の油分により光沢が生まれます。
使い込むほどに革はやわらかく手に馴染み、あめ色の輝きを増していきます。

     


使い込むほど手に馴染み、愛着が湧いてくるシャンティニケタン
お値段もビックリするほどリーズナブルです。



 

 
      

  

  


    
  
   

 



▲ページトップへ
Home / ご挨拶 / 更新情報 / l商品情報 / イベント情報 / Gallery / 店舗案内 / リンク / フェアトレードとは / Sitemap