公正な(正当な利益のある)取引を、継続的に行うことによって、アフリカや中南米、インド などの
  国々に暮らす人々の自立を支援し、貧困を改善しようという取り組みです。
  フェアトレードに関心を持ち、品物を買うことにより経済的自立や女性の社会参加、子どもたちの
  教育環境の整備など幅広い支援を行うことにつながります。
  フェアトレードの商品は農薬や化学肥料に頼らない自然農法や、生産地で採れる自然素材と伝
  統技術を活かして作られています。
  寄付の代わりに商品を買うのではなく、商品の価値に納得し生産者に共感して買っていただけた
  らと考えています。

  また国内においても障害者作業所をはじめ、小さな生産者の仕事創りにもこだわり、立場の弱い
  人々と共に生きていける社会の実現に少しでも役立つことを考えています。

 
  ボランティアではない支援方法

  フェアトレード製品は、環境に優しい農業やよりよい組合の運営などに取り組む生産者に対して、
  生産者が本当に必要な代金を前払いしたり、長期の取引を保証 しているものです。
  定期的な収入を得ることによって、生産者は安定した生活を送り、それにより彼ら自身で社会を
  発展させ、また土や水に無理な負担をかける ことなく良質な作物づくりに励むことができるのです。
  
  

 フェアトレードの基準
  IFAT(国際フェアトレード連盟)は、途上国の立場の弱い人々の自立と生活環境の改善を目指す
  世界中の組織が1989年に結成した連合体です。IFATの加盟組織はお互いの活動を評価し合う
  ために、以下の基準を設定しています。IFATについて詳しくはこちらへ>>

  1.貧困層への生産機会の提供
   貿易によって貧困を減らすことを目指し、経済的に立場の弱い生産者が収入を得て自立でき
   るよう支援します。


  2.事業の透明性保持
   生産者、消費者などすべての関係者に対して公正に接し、必要な情報を提供します。

  3..生産者の資質向上
   生産者が技術を向上させ商品を流通させられるよう支援します。また、そのために継続的な
    パートナーシップを築きます。


  4.フェアトレードの推進
   フェアトレードの目標と活動について広報や啓発を行ないます。また、消費者に対して商品
    の生産の背景について情報を提供します。


  5.生産者への適切な対価支払い
   生産者に対し、生産者自身が望ましいと考える水準の生活を保てるだけの公正な対価を支
    払います。また、必要な場合は代金を前払いして生産者を支援します。

  
6.性差別の廃止
   女性にも男性にも平等な賃金を支払い、技術向上やリーダーシップ訓練の機会を提供しま
    す。また、その土地の文化や伝統を尊重し、宗教や階層、年齢などによる差別をなくすよう
    努力します。


  7.適切な労働条件の確保
   生産者が安全で健康的な環境で働くことができるよう、生産地の法律やILO(世界労働機関)
    で定められた条件を守ります。


  8.環境への配慮
   入手可能である限り、持続可能な生産が確保された資源を原材料に用います。生産工程で
    は環境にやさしい適正技術を使い、包装や輸送にも環境負荷の低い素材や手段を用いま
    す。



      ページトップの写真はIFAT(国際フェアトレード連盟)ホームページより、中段の図(フェアトレード製品と情報の流れ)は
      フェアトレードカンパニー(ピープル・ツリー)のホームページから引用させていただきました。

2015
▲ページトップへ
Home / ご挨拶 / 更新情報 / l商品情報 / イベント情報 / Gallery / 店舗案内 / リンク / フェアトレードとは / Sitemap